ふるさと納税とは

過熱する「ふるさと納税」

「ふるさと納税」は、政府主導の地方創生策の一つとして登場してきた新しい納税制度です。

平成27年度から一般の人でも利用しやすく制度が変更になったことで一気に知名度が高まり、今や投資先を探すかのようにかなり多くの人が納税先を探すようになっています。

テレビやメディアでかなり大々的に宣伝されたこともあって、名前くらいならほとんどの人が知っているというくらいの知名度になりましたが、そのせいかやや加熱しすぎの部分もでてきています。

平成27年4月1日から変更になった主な内容としては「寄附金控除額倍増」や「確定申告手続き不要」ということがあり、これが大きな節税対策になるということで個人・法人とわず大きな注目を集めました。

ふるさと納税とは簡単にいえば全国の特定の自治体に寄付金を送るという制度で、その納税額により支払った人の住民税が控除を受けることができます。

ふるさと納税のここがお得

なぜここまでふるさと納税が大人気となったかというと、税金控除の他に「その地域の特産品プレゼントがある」「自分の生まれ故郷などでなくてもよい」「税金の使い道を自分で指定できる」といった従来の税制にはなかったような特徴があるためです。

中でも納税によってもらえる特産品は大いに注目があるところで、どの地域でどういった特産品があるかをカタログにして紹介する書籍やWebサイトまで登場しています。

特産品はその土地で取れる食材だけでなく、宿泊券や観光施設の優待券などがあるので、旅行が好きな人などからもお得な制度として多く利用されています。

また税金の使い道を指定できるというのも普段「高い税金を払っているのに何に使われているのかわからない」という不満の解消からか大変注目されています。

具体的には震災復興や歴史資料の保存、自然環境の保護といった項目があり、ふるさとを守りたいという気持ちからも気軽に納税ができます。