遊びのつもりが賭博に、賭博罪の見直しについて

賭け事について

賭け事は世の中には公共のものとして提供されている場合がありますが、それが許可を得ないものや違法なものであれば、罪となり罰せられます。
特にスポーツ選手が行っていた賭け事が問題となり、ニュースを賑わせることもしばしばあります。

許可されていない賭け事は賭博罪となり、刑法185条で定められています。
賭博罪にあたる条件として以下の2つがあります。

・偶然性
確実にその賭博内容が予想できずに勝負を決めることであり、金銭のやりとりを行います。
当事者において予想できなければ、客観的に見て予想できても該当します。
これは、天気や次に乗る電車を予想するなども当てはまります。

・金銭や財産が利益となる
賭けでは金銭や財産を利益とすると該当します。
ただし一時的に消費するようなものを賭けたときは該当せずに、食べ物や飲み物がそれにあたります。

この2つが条件となり、この条件に当てはまる賭け事をすると、許可無きものは違法となり罰せられます。
スポーツ選手が行っていたような賭け事であれば、数十億円物お金が動き、一気に明るみに出るとニュースになりましたが、違法であるかどうかは金銭の大小にはかかわりません。
たとえ社員どうしても賭け事を行えば違法になる可能性があります。

社員同士の賭博

社員同士でも昼飯を賭けたりして遊ぶことはよくあることであり、昼飯を奢るなどの場合は法令に照らし合わせると違法とはなりません。
しかしながらそれが、昼飯や珈琲などではなく、100円や500円の小額でも金銭をかけると違法となってしまいます。

このような行為は一時的な遊びならまだしも、最初は小額でちょっとのつもりでやったとしても、次第に賭けの対象が大きくなっていき、やがて大きな金額をかけるような賭け事に発展する可能性もあります。
どんなに小額でも金銭をかければ違法となる可能性があり、発覚すれば罰せられる可能性もあります。
社会人としての常識として、新人を雇ったりすれば、まずは社内コンプライアンスとして、社員教育をしてこのような行為は違法となることを教えておくべきでしょう。

社内ぐるみで賭博をするような会社もあるようであり、しかしながら誰しも賭博が好きなわけではありません。
社内賭博として考えられることは賭けゴルフや賭け麻雀などがあり、経営者が率先して行うようなところもあり、そのような会社では社員は嫌がっている人もいます。
会社としても経営者としても、社会に通用する会社として、どのような行為が違法賭博にあたるのかを考え、それを社内で共有し、安易な賭博は行わないようにした方が会社のためでしょう。
気軽に賭博に手を出すと、やがてエスカレートすることも珍しくありません。