法務部の役割

重要な人材となるチャンス

管理部門は、その企業の業種や業態、規模に関わらず必ず存在しなくてはならない部門です。
しかし、直接的な利益を生み出す営業や技術・開発の部門と違って役割的に大変地味であることから、特に若手の人はあまり自ら進んで管理部門に就くことを希望しないことが多いようです。
しかし、企業内において管理部門(間接部門)はその企業にとって他に漏らすことのできない企業秘密を管理する部門でもあるので、経営者にとってあまり信用できない人材を配置することはできません。
裏を返せば管理部門に配置されるということは、その会社にとって重要な人材となるチャンスでもあるということでもあります。

考え実行していく役割を担う

企業の根幹に関わる部分の管理をする部署として重要なのが、管理部門の一つ「法務部」です。
法務部とは、文字通り企業運営をする上でどうしても管理が必要な法的な処理をどうするかを考え実行していく役割を担います。
具体的な仕事内容としては、取引先などと交わす業務内容の契約書の審査や、債権回収業務、何らかのトラブルが生じたときの弁護士との交渉などです。
他にも、社会的問題ともなっているコンプライアンス(企業の法令遵守)が行われているかどうかの指導・監督などを行うこともあります。

総務部と法務部はエリートコース

ちなみに、一般企業では比較的軽く見られがちな管理部門ですが、反対に役所などではかなり重要な部署とされています。
特に総務部や法務部はエリートコースと呼ばれ、上級官庁などではかなり学歴が高く、優秀と評価される人しか就くことのできない業務とされているようです。
役所以外でも老舗大企業などでは、法務部や総務部は社長室直属となっていることも多く、出世コースに最も近い位置づけとなっていたりします。
そのように考えると、一般企業においてもいかに法務部の担当が重要な任務となるかがわかるかと思います。

法律の知識と機敏に対応措置とれる力

企業の法務部として勤務するためには、会社法や特許法、債権法など会社経営にかかわる法律について幅広く知識を得ておく必要があります。
また、最近のグローバル化傾向をみると例え中小企業であっても、国際的な取引をするときのために外国語や国際取引に関連する法律などもおさえておくとよいようです。
いずれにしてもその時々の世の中の流れなどから判断し、機敏に対応措置をとれるような力が求められます。
法務部の役割の重要性は今後も増していくことが考えられるので、長く勤めてさらなるキャリアアップを目指していって欲しいと思います。