リコール問題の現状と課題

リコールが起こった場合

リコールというのは自主回収のことを言い、それは自社製品に問題があった場合に自主的に企業が製品を回収することを言います。
食品関係で大きなニュースになったので、リコール問題に対して敏感な企業も多いかもしれませんが、悪質なリコールのケースだとその会社の評判を落として売り上げも落とします。

リコールに関する法令では、消費者基本法11条があり、消費者の安全を害するおそれのある商品の回収と情報提供が規定されています。
またそれぞれの製品に関して、食品なら食品衛生法であり、医療品なら薬事法であったりと、これらの法令で製品に関する安全の確保と、万が一の時の回収命令が規定されています。

しかしリコールが起こるのは何も自社で社員などが商品の不具合などを見つけた場合のみならず、消費者からのクレームによって不具合が発覚することもあります。
もしもリコールが発生したなら、企業としては速やかに対応するべきであり、くれぐれもリコールを隠そうとしたりごまかしたりすべきではありません。

リコールへの対応

製品を何万個と同じ物を作れば不良品も発生しますが、リコールはそれ以上に製品として使えないぐらいの不具合の場合に自主回収することとなります。
食品であれば流通している賞品すべての回収、家電や機械などであれば、リコール製品の自主回収と不具合部分の無償交換ということをしなければなりません。

昨今では消費者の安全に関する意識も高まっており、リコールのある製品に対する反応はシビアです。
安全対策を万全にしておけばリコールは起きないということもなく、中にはどうしても起こってしまうようなケースもあります。
対応を間違えれば、消費者の信頼を失い、そして不買運動などへも繋がってしまいますので、速やかに問題があったことを消費者に告知し、リコール製品の回収をすぐに行うべきです。

リコール製品は回収したり不具合部分を無償交換したりしないので、どうしても余計にコストがかかって、予想外の会社ヘのダメージを与えます。
しかしそのダメージを受けたくが無いために、企業がリコール隠しをすると、あとあと問題が大きくなり、リコールでのコスト以上のダメージを会社は受けることとなります。

ニュースを見ても、リコール製品を隠していた、商品に関する安全を隠して販売していたなどの情報が発覚した企業は、売り上げ減少によって倒産した企業もあります。
そのようなことにならないように、リコールが発生した場合は、企業としては誠意を持って対応すべきです。
また企業内としてもリコール時はどのようにすべきかシミュレーションや、対策部署を決めておくとスムーズに対応できて良いです。