人事の仕事

人事部で行う業務内容

管理部門の中でも、比較的人気が高いのは「人事部」です。
新卒など若手社員さんの中でも、人事部への勤務を第一希望として採用試験に望む人もかなり多く見られているようです。
理由はさまざまでしょうが、おそらくイメージとして「人とかかわることができる。その人の特性を生かしてあげられる」という部分に大きな魅力を感じているからではないかと思われます。しかしながら、実際に企業に勤務する人事部で行う業務内容はそのイメージとは少し違ったものであることもよくあります。

実際に人事部として勤務した場合に担当する業務としては、「採用業務」「給与計算業務」「保険・年金などの手続き業務」が挙げられます。その事業所によっては経理関連の業務を兼任することもあり、他にも簡単な雑用(おつかいや電話対応など)も担当する場合があるようです。
大きな製造業・メーカーなどでは、工場で働く人達の健康管理のための施策をとったり、精神面でのケアを行ったりすることもあります。
細かくみていけばその企業の業態や業種によって付属的な仕事はあるでしょうが、大雑把にまとめれば人事部の最も大きな仕事は「採用」と「各種手続き業務」と言うことができます。

権限と配属

大企業や役所などでは、人事部はかなり大きな権限があり、任務も他の課とは大きく区別されていることもよくあります。社労士の資格を取ることでより多くの仕事を任せられるようになったり責任のある仕事に就けるようにもなりますが、これは、給与や人事配置などの情報を担当するためで、社内であってもあまり公然にはできない秘密を握ることにもなります(<参考>社労士|資格+)。
そのことから、経営者・社長室から直属で仕事を受けることができる反面で、他の課の人とは打ち解けにくく、同じ社内でも一線を引くような関わり合い方をせざるを得なくなってしまうこともよくあります。
しかしこれもその企業内の習慣や方針によって大きく違いがあるので、規模や社風などから判断をする必要があります。

比較的若手人材として人事部に配属した場合には、新たに配属となる新入社員などの研修業務を担当することもあります。社会人としての基本的なマナーの研修業務を担当することもあるようです。
人事部は会社にとって重要な仕事を行うことも多いので、どちらかと言えば外部からいきなり配属をするというよりは他の課で長く務めている人の適正などを見て移転配置という形をとることがよくあります。
人事部は何よりも適正が重視される課でもあります。もし希望転職先として探す場合には自己アピール方法などを工夫するようにしましょう。