キャリアアップについて

将来的なキャリアアップ方法が無数にある

管理部門は地味な仕事に見えて、将来的なキャリアアップ方法が無数にある仕事です。
いくつか例を上げれば、経理業務をしながら簿記を学び、そこから税理士や公認会計士のような会計業務のプロを目指す方法や、法務部から中小企業診断士や社労士といった企業コンサルティング業務へ進む方法などです。
もちろんこれらは難関資格を突破しなくてはいけないものですが、かならずしも資格を取得しなくても、その分野のエキスパートとして企業内でキャリアアップをしていくことも可能です。
逆に資格取得をして独立などを視野に入れる場合であっても、管理部門として企業内で勤務をしたという経験は、のちに大きな財産となって役立つことは間違いありません。

転職の際は計画的に物事を進める

手軽に管理部門としてキャリアアップを目指したいのであれば、よりよい条件の企業への転職もよい方法です。
最近は失業率の上昇などのニュースもよく聞かれているので、一度仕事を辞めてしまったら次の仕事は見つけにくくなってしまうのではないかと心配する人もよくいます。
ですが、より積極的に自身のキャリアアップを目指し、転職を成功させていった人の例もたくさんあることも忘れないでください。
キャリアアップのために転職を考えるときに最も重要なのは、将来的なビジョンをしっかりともち、計画的に物事を進めるようにするということです。

情報を集め希望の業務内容にあってるか判断

管理部門と一概に言われますが、実際に担当範囲とされているのはその企業によって大きく違います。
大企業に入ればより多くの業務を任せてもらえるといえばそうとは言い切れず、逆に組織が大きくなるほど個々人に与えられる仕事内容が細分化するため、与えられる業務内容が非常に限定的なものになってしまうこともよくあります。
もし管理部門として横断的な経験や知識を身に着けたいと思うのであれば、むしろ中堅程度の規模の会社の方がやりがいを感じる仕事が見つけやすいかもしれません。

ただし注意が必要なのが、その会社の規模や業種だけで管理部門の業務内容・範囲は判断できないということです。
中小・零細企業であっても、経理など間接部門の仕事は非常に限定的にしていたり、逆に大企業でも管理部門の力が大変強く、自由度が高いということもあります。
転職先を探すときにはあまり先入観にとらわれることなく、自分の希望する業務内容とどれくらいマッチしているかどうかを冷静に判断することが大切です。
求人情報も、ハローワークやフリーペーパーのような一般向けのものでは詳しい内容がわかりづらいので、インターネットなどより詳細な情報を集めることのできるツールを利用するようにしましょう。