アウトプレースメントについて

企業のリストラ

管理部門はその企業において働く従業員の管理を行うことが主な仕事になりますが、企業の事情によっては大規模なリストラをしなくてはならないということもあります。
誰しも憎まれ役にはなりたくないものですが、どうしても事業継続のためには人員削減が不可欠ということになれば、これまで企業内で働いてきた従業員さんに対して解雇の通達をしなくてはいけません。
解雇事由が諸外国よりも厳しく制限されている日本ではありますが、事業がどうしても継続できそうにないということになれば人員整理のための解雇をすることは認められています。

しかしいくら事業を継続し会社を守るためとはいえ、長年働いてきた従業員の方をあっさりと切り捨ててしまうというのは人情的に厳しいものがあります。
少し以前に「追い出し部屋」という、ほとんど会社内で業務を担当していない課に異動させて仕事を与えないようにするという大企業の人員管理方法が社会問題化しましたが、それは「退職」という行動そのものを自分の意志にさせるためのもので、結果的に企業としてその人のことを切り捨てたという事実には間違いありません。
現在はそのような方法にも規制や監視が入るようになってきたので露骨にそうした方法がとられることはありませんが、同じようなリストラはもうしばらく続いていくのではないかというふうに見られています。

再就職の手伝い

そこで最近注目をされているのが「アウトプレースメント」という新しい業務です。
アウトプレースメントとは、人員整理などで解雇をされた人やその予備軍となった人に対して、本人の希望や適正を元に再就職ができるような手伝いをしていくという仕事のことです。
仕事内容だけを聞くと人材紹介関連企業のような印象を持ちますが、そうした人材系企業と少し違うのは再就職に関しては援助活動は行うものの斡旋ということは行わないというところです。
日本においては人材を斡旋することを業務として行うときには事前に申請をしていなければいけませんが、アウトプレースメントとしての紹介は特に何らかの資格が必要になるわけではありません。

最近増えてきているのが、企業内の管理部門にこのアウトプレースメントという仕事を加えるという方法です。
単に切り捨てとしてリストラを行うのではなく、それまでの企業内でのキャリアを生かせるようにするためにはどんな方法や業種を選ぶのがよいかということを社内で考えていくことにより、お互いに良い関係を築くことができます。