経理の仕事

管理部門の経理部の仕事

これから管理部門に転職を希望する人にとっては、実際に勤務をしたときどんな仕事を担当することになるか気になる点でしょう。
管理部門の中でも「経理部」にあたる仕事は、他の「法務」「人事」と違って中小・零細と言われる企業の中にもかならず置かれている部署となっています。
ただし、同じ経理部といっても任されている仕事の範囲はその企業の規模や形態、経営者の考え方によって大きく差があります。
これから経理部に転職を考えている人は、以下のような「経理部」の仕事として含まれる分野のうち、どこまでを担当したいのかをしっかり自分の中で考えてそこから転職先を探すようにするとよいでしょう。

経理と財務

まず、経理部の仕事として大きく分類ができるのが「経理」と「財務」の2つです。
経理とは業務運営によって発生するお金の流れを記録・計算する仕事のことです。最近では便利な経理ソフトも数多く出まわっているので、詳しい簿記の知識がなくてもコツさえつかめば簡単に記帳業務を行うことができます。
経理部分の業務を行うときに必要なのは、何より「間違いなく数字を入力する」という几帳面さです。お金の計算は例え1円単位であってもおろそかにすることはできません。
アルバイトなどで、レジの総額が合わないために苦労をしている店長さんの姿などを見たことがある人もいると思います。
ざっくばらんではなく、決められた期限内にミス無く記帳をし、必要なデータを書類として作成するということが主な業務内容となります。

経理部の上級職「財務」の仕事

経理部の仕事の上級職とも言えるのが「財務」部分の担当です。
財務関連の仕事とは、代表的には現預金業務である入金確認や支払い手続き、公共料金など必要経費の口座振替手続き、さらには外国為替相場に関わる外貨現金との両替業務などがあります。
さらに経営に近い仕事をしている財務の場合には、取引先金融機関との融資交渉や有価証券に関わる決済など、会社の資金運用に関わる重要業務を行う場合もあるようです。

経理部の仕事は規模に関わらずどの会社にも存在しますが、その会社が上場企業か非上場企業かによって大きく内容が異なります。
上場企業の場合は決算期に株主に対して財務諸表を提出しなくてはならないため、かなり経理・財務として行う仕事の重要度は高くなります。
他にも製造業での原価計算など幅広い分野での資金計算を任されることがあるので、どこまでの権限があるのかを把握しておき、その上で経営者の判断に従うという姿勢が大切になります。