経理部の役割

間接部門と呼ばれる仕事の中でも、一番一般的なのが「経理」を担当するものです。
経理部とは、簡単に言えばその企業を運営するにあたって必要な資金全般について、帳簿をつけて計算をしたり、必要な書類を作成したりという業務をする部門のことです。
十数年前までは社内の経理部門といえば、必要経費としてかかった交通費や接待費などの領収書を集めて記録をしていればよいという、地味な裏方仕事というイメージのものでしたが、ここ数年のうちに合理的な経営方法の実践のためより積極的に経理の仕事を活かそうとする動きが多くの企業内で見られるようになってきました。

従来までの経理の仕事では、帳簿上に経費の記録だけをしておき、重要な計算などは外部の会計事務所などに出して行なってもらうような方法がとられていました。
ですが、その方法では経営者がタイムリーに会社内の資金状況を把握することはできません。
インターネットの発達などにより、企業戦略の決定スピードを早めることが求められている現在においては、常に資金状況を把握しておくための経理の業務は重要性を増してきているということができます。
最近の経理部の役割として挙げられるものとしては、会計帳簿の作成の他、財務諸表の作成、税務申告のための資料作成、管理会計資料の作成、有価証券報告書や決算短信の作成、月次決算の作成、といったものがあります。
これらは非常に経営に密着した高度な資産管理能力が求められるものです。

もちろん、従来型の帳簿記録のみを担当とする経理部も多くの会社で存在していますが、その場合は上記のような税務・経営関連書類の作成は外部の会計事務所に高い報酬を支払って依頼をしているので、効率的な経営方法をとっているとはいえません。
経理部としてのキャリアアップを望み、より重要な仕事をまかせてもらえる企業へ転職を希望する人も最近では増えてきているようです。
経理部としてキャリアアップを目指す場合には、簿記(日商2級相当)の知識・資格の他、財務会計や管理会計・経営管理の知識があるとより有利となります。

少人数の規模の会社では経理部は財務や法務といった他の間接部門の仕事も兼任する場合もあります。
経理部の仕事は一見限定的なもののようですが、広げて見ればお金という一つの資源を通して会社全体の運営を把握することのできる非常にやりがいのあるものです。
間接的に会社の利益を高める役割の重要性は、今後ますます高まってゆくことでしょう。