ビジネス会計検定

ビジネス会計検定の特徴

会計関連の検定試験には、日本商工会議所が実地する簿記検定が有名ですが、簿記検定では会計の基準に基づいた正確な財務諸表を作成する能力が問われます。
対してビジネス会計検定では、財務諸表を正しく読み取り、分析する能力に重点を置いて能力が問われます。
ビジネス会計検定は、キャリアに大きく差をつけることができる資格ですので、必要を感じてから試験を受けるのでは遅すぎます。

企業のマネージメントには「会計」は必要不可欠ですし、会計が分からないと管理職にはなれません。
また、自社・他者を問わず、財務諸表から分析をして、次の戦略を自ら考え、提案することもできるようになります。

ビジネス会計検定で身につくスキル

ビジネス会計検定を受けることで、新聞や雑誌の経済や経営記事がよく理解できるようになります。
また、企業の儲かっている・儲かっていないが自分で分析できますし、就職内定後の入社までのスタートダッシュで周りと差をつけることができます。
また、企業があるところには必ず「会計」がありますので、社会に出てからもすぐに力を発揮することができますし、プレゼンや営業でも、数字で考えて説明ができれば、説得力がよりアップします。

ビジネス会計検定の難易度

ビジネス会計検定の難易度はそれほど高くはなく、きちんと勉強をして正しく理解ができていれば、全く知識がない人が始めたとしても、十分に合格できる可能性がある検定試験です。
1級から3級までありますので、自身のレベルに合った級の合格を目指すとよいでしょう。
3級は合格率も高く、2級になると難易度は上がってしまいますが、十分に合格を狙える範囲です。

ビジネス会計検定の試験概要

3級では、会計の用語をはじめ、財務諸表の構造・読み方・分析等、財務諸表を正しく理解できるように基礎的な学習が設定されています。
出題範囲は、「財務諸表の構造や読み方に関する基礎知識」「財務諸表の基本的な分析」で、マークシート方式で2時間となります。
2級では、「企業の経営戦略や事業戦略を理解する為、財務諸表を分析する力を身につける」ことを目標にしていて、出題範囲は「財務諸表の構造や読み方、財務諸表を取り巻く諸法令に関する知識」「財務諸表の応用的な分析」となり、マークシート方式で2時間の試験です。

1級になると、「企業の成長性や課題、経営方針・戦略等を理解・判断する為、財務諸表を含む会計情報を総合的かつ詳細に分析し企業評価できる力を身につける」ことを目標にし、出題範囲は「会計情報に関する総合的な知識」「財務諸表を含む会計情報のより高度な分析」で、マークシート方式、及び論述式で、制限時間は2時間30分です。