ビジネス文書検定

ビジネス文書検定の目的

ビジネス文書には、一定の型やビジネス特有の言い回しがありますが、全てのビジネスパーソンがその知識を持っている訳ではありません。
それを会得することによって、ビジネスで使われる基本的な文章を正しく書けるようになります。
つまり、「ビジネス文書検定」とは、書き表す能力の育成を目的にしている検定試験ということになります。

仕事でビジネス文書を書く機会が多い事務職等では、社内外へメールやビジネスレターを送付しなければいけません。
ビジネス文書検定でスキルを習得すれば、適切な表現で礼儀正しいビジネス文章を作成することができますので、どこの会社でも必要なスキルであり、仕事への自信にも繋がります。

ビジネス文書検定の受験要領

ビジネス文書検定は、実務技能検定協会が実地する資格試験です。
ビジネス文書検定には特別な受験資格はありませんので、基本的に誰でも受験することが可能です。
1級・2級・3級があり、試験内容は、表記技能、表現技能、実務技能の3つの範囲から出題となります。
表記技能とは、正しい用字や用語が使えるか、ビジネス文書について知っているか等、ビジネス文書の書式や用語の正しい使い方について問う内容となっています。

表現技能とは、正確でわかりやすい文章や礼儀正しい文章が書けるかどうか、読みやすく正確な文書作成能力を図るものです。
実務技能とは、社内文書や社外文書が書けるかどうか、文書の取り扱いについて知識があるかどうか、社内外への文書作成能力と、文書の適切な取り扱いに関する知識を問う内容となっています。
2・3級は選択問題で、1級は実技問題として文書作成が試験に加わる為、難易度が高くなります。

受験する試験に合わせてしっかりと受験対策を行うようにしましょう。

ビジネス文書検定の難易度

ビジネス文書検定は、2級から一気に難易度が高くなりますので、やみくもに勉強をするのではなく、受験対策をしっかり行って勉強計画を立てるようにしましょう。
対策として、問題集を繰り返し解くことが効率的でお勧めです。
問題集を繰り返し解くことで、過去問の出題傾向を理解し、試験の難易度に関わらず、ビジネス文書に必要な用語を増やし、文書作成の実践的な練習を行ってください。

ビジネス文書検定の1級対策

1級の検定試験になると、選択問題に更にビジネス文書作成の実技問題が加わります。
難易度がグンと高くなりますので、与えられた文書内容を、適切な用語や表現で社外文書を作成するという内容になります。
実技はパソコンを使用しますので、パソコンで文書を作成することに慣れておくようにしましょう。
時間を測ってする文書作成練習がお勧めです。