ビジネス統計スペシャリスト

ビジネス統計スペシャリストの特徴

「ビジネス統計スペシャリスト」は、株式会社オデッセイ コミュニケーションズが主催する「データ分析の実践力」について正しく評価することを目的とする資格となります。
ビジネスパーソンがビジネス実務で必要なデータ分析スキルとは、「確率分布や仮説検定、推定等の統計知識」と「コンピューターで分析ツールを使用してデータ分析するスキル」の2つに分けることができます。

多くのビジネスパーソンがコンピューターで分析する際に、頻繁に使用するツールはExcelとなりますので、ビジネス統計スペシャリストでは、データ分析の「実践」にポイントをおき、ビジネスの現場で活用しやすいExcelを使用したデータ分析する技能に加え、分析結果を正確に理解し、応用する能力について正しい評価を行います。
試験科目は基礎レベルの「Excel分析ベーシック」と、上級者レベルの「Excel分析スペシャリスト」の2科目となります。

ビジネス統計スペシャリストの試験詳細

ビジネス統計スペシャリストの受験資格は特に設けられていませんので、年齢、国籍を問わず誰でも受験することができます。
(試験当日に小学生以下の方は保護者の同意が必要)
基礎レベルの「Excel分析ベーシック」の場合は、データの平均値や標準偏差等の基本的な情報を把握したり、Excelのグラフ機能や関数を利用してデータの基礎的な分析スキルを証明する資格になります。
試験の出題形式は、択一問題と穴埋め問題となり、試験時間は60分、出題範囲は「ビジネスデータ把握力・ビジネス課題発見力・ビジネス仮説検証力」です。

上級レベルの「Excel分析スペシャリスト」の場合は、確率分布や標本分布、相関分析・回帰分析等の統計分析理論などを活用し、ビジネスデータを分析する実践力を正しく評価することを目的としています。
試験の出題形式は、択一問題、穴埋め式問題で、試験時間は60分、出題範囲は「操作編」と「知識編」になります。

ビジネス統計スペシャリストの試験の流れ

ビジネス統計スペシャリストの受験の流れは、まず試験会場に直接申し込みをします。
試験実施日や申込み方法は試験会場毎に異なりますので、必ずご自身が受験を希望する試験について事前確認をしておきましょう。

受験をするには、OdysseyIDの登録(無料)が必要ですので、事前に登録を済ませてから試験会場へ行きます。
なお、登録したOdysseyIDは繰り返し使用できます。
試験当日は、申込みの際に指定した会場へ行き受験します。

持ち物や諸注意は事前にチェックしておきます。
試験結果は試験終了直後に判定され「試験結果レポート」をもらいます。
合格者には、4~6週間後に合格認定証が送付されます。