メンタルヘルス・マネジメント検定

メンタルヘルス・マネジメント検定試験の資格とは?

メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、職場で働く人の心の不調を防止し、生き生きとした職場を実現するためのメンタルヘルスケアに関する知識や技能を習得するもので、大阪商工会議所が行っている検定試験です。

(参考記事)
メンタルヘルス・マネジメント検定試験

メンタルヘルス・マネジメントとは、日本語にすると心の健康管理という意味です。
仕事や職場環境でのプレッシャーや不安、悩み、人間関係のストレスに悩む人が、年々増加しています。
その結果、会社に行けないほど心に不調を来し、休職や退職をする人も増えていますね。
働く意欲はメンタルによって大きく左右されますし、職場で能力を発揮するためにも心の健康が重要です。
このようなストレスフルな環境下で、働く人たちのメンタルヘルスをマネジメントする人材が求められています。

心の健康管理には、個人が職場で自分に与えられている役割を把握し、ストレスの原因となっている問題に対処することが大切ですが、その一方で雇用する企業側が従業員のメンタルヘルスに積極的に取り組むことも重要です。

メンタルヘルス・マネジメント検定試験の内容と難易度

メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、対象ごとにI種、II種、III種の3つのコースが設けられています。
受験資格は特にありませんから、誰でもチャレンジできます。

I種はマスターコースと名付けられており、社内のメンタルヘルスに対応するものです。
人事・労務部門の管理職や、経営幹部向けです。
試験は選択問題(2時間)と論述問題(1時間)が出題され、選択問題は100点満点、論述問題が50点満点で、合格ラインは合計で105点以上。
ただし、論述問題の得点は25点以上でなければ失格となります。

II種はラインケアコースと名付けられており、部門内や部下のメンタルヘルスに対応する管理職向けの試験です。
試験は選択問題(2時間)のみで、合格基準は100点満点中、70点以上です。

III種はセルフケアコースと名付けられており、自分自身のメンタルヘルスを行うもので、一般社員向けの試験です。
試験は選択問題(2時間)のみで、合格基準は100点満点中、70点以上となっています。

スキルアップややキャリアアップを目指すなら、II種以上に挑戦したいですね。
2016年度に実施された試験の合格率を見てみると、I種が18.3%、II種が49.3%、III種が78.1%でした。
I種は論述問題もあるため、かなり難易度が高くなっていることがわかります。

受験の申込みは郵便振替又は、インターネットから行えます。
2017年現在の受講料は、I種が10,800円、II種が6,480円、III種が4,320円です。

詳しくはメンタルヘルス・マネジメント検定試験のホームページで確認できます。