MOS

MOSとはどんな資格?

MOSとはマイクロソフト オフィス スペシャリストのことで、マイクロソフトが行っているMicrosoft Officeの実技の関する検定資格で、世界共通のグローバルな資格です。

ビジネスシーンで最も使われているソフトといえば、Microsoft Officeですよね。
このため数あるパソコン検定のなかでも、重視されている検定の一つです。
MOSはMicrosoft Officeがどの程度操作できるかの客観的な評価を行う試験なので、事務業のスキルアップに役立ちますし、この資格があれば転職時に即戦力となることをアピールできます。

試験科目は文書作成ソフトのWord、表計算ソフトのExcel、プレゼンテーションソフトのPowerPoint、データベース管理ソフトのAccess、電子メール・スケジュール管理ソフトのOutlookに分かれており、各バージョンごとに試験が用意されています。
ただ、検定資格にはバージョンアップや更新制度は設けられていないので、新しいバージョンの資格を取るためには、そのバージョンで改めて試験を受ける必要があります。

WordとExcelに限っては一般レベルのスペシャルレベルと、上級レベルのエキスパートレベルの2つに分かれています。
腕に自信がある人は、初回からエキスパートレベルに挑戦することも可能です。
Wordのスペシャルレベルで求められる能力は、文字のサイズやフォントの変更、表作成や作製した表の編集、文書のプリントアウトなど基本的な機能を理解していること。
エキスパートレベルに求められる能力は、目次や索引作成などの長文機能、スタイル機能、Word以外のソフトからデータを取り込むなど、高度な操作を理解していることです。

Excelのスペシャルレベルに求められる能力は、セルの書式設定、数式や簡単な関数の作成、グラフ作成など、Excelの基本的な機能を理解していること。
エキスパートレベルの場合はデータ分析、マクロの作成及び編集、入力規則の設定、条件付き書式などExcelのハイレベルな機能を理解していることです。

MOSの試験の内容と難易度

MOSの試験はMOSの全国一斉試験と、随時試験の2つの種類があります。
全国一斉試験は毎月1、2回行われており、インターネット又は郵送で申し込みます。
随時試験は試験会場が決めた日程に実施され、希望する試験会場に直接申し込みます。

MOSの試験の合格率も公表されていません。
スペシャルレベルであっても、ある程度ソフトの操作に慣れていなければ合格点に達しないと考えられます。
しかし、毎日の仕事で使っているなど、操作に慣れている人にとってはそれほど難しい試験ではありません。
エキスパートレベルでは特にExcelはピボットテーブルや関数の理解が必要なのでかなりの上級者でないと合格は難しいと考えられます。