給与計算実務能力検定

給与計算実務能力検定と特徴

「給与計算実務能力検定」とは、企業や組織に不可欠な給与計算の業務について、その知識と遂行能力を判定し、実務能力への確かな評価を与える為の検定試験になります。
その資格は、内閣府認可の一般財団法人職業技能振興会が認定しています。
どんな会社や企業、団体でも、給与計算は必ず行われており、不可欠なものです。

給与計算業務を正しく行う為には、社会保険の仕組み、労働法令をはじめ、所得税や住民税といった税法分野に関する幅広い知識が求められます。
給与計算実務能力検定試験とは、企業・団体の総務・人事・経理等の管理職で必要不可欠となる給与計算業務に関する知識、実務遂行力を明確に測る尺度として、どれほどの実務能力があるかを測る為の検定試験となります。

給与計算実務能力検定のメリット

業務の品質を向上させ、給与計算担当者レベルの向上にも繋がりますし、資格試験となりますので、給与計算という仕事や学びにたいするモチベーションの維持、向上にもおおいに役に立ちます。
もちろん、就活の場合にも履歴書に書くことができれば、給与計算の実務能力の証明にもなり、専門資格として目を引きやすい資格の為、就職を有利に進めることも可能です。

また、人事・労務の業務の資格をもつ専門家として、職場内でも、キャリアアップにもなり、転職をする際にも、大きな武器となること間違いなしです。
一度仕事から離れてしまった人も、給与計算実務能力検定のスキルは全国共通ですので、転勤・結婚・出産後の再就職を考える時も安心ですし、給与計算業務は求人が多い分野ですので、働く場を近くで探したいという場合にも見つけやすく、長く安定して働くことができます。

なにより、給与明細の内容をちゃんと理解することができれば、自身の実生活でもその知識がおおいに役立つことでしょう。

給与計算実務能力検定試験の概要

給与計算実務能力検定試験は、2級は3月と11月の年2回実地されます(1級は11月の1回のみ)。
「2級」では、現場で必要となる労務コンプライアンスの基礎を正しく理解し、給与計算、明細の作成を行うことができるレベルとなります。
「1級」は、労働法令や税務に関して正しく理解し、複雑な制度、特殊な給与体系にも対応でき、年末調整・年間通じて給与計算全ての業務が可能なレベルです。

試験会場は東京、大阪をはじめ全国の主要都市で行われ、出題科目は「給与計算業務に必要な基礎知識」、「給与計算実務に必要な法的知識(労働基準法等)」、「演習問題(実際の給与計算)」となります。
2級の出題形式は、知識問題35問(四肢択一、マークシート方式)と計算問題5問(四肢択一、マークシート方式)で、1級では、知識問題30問(四肢択一、マークシート方式)と計算問題10問(記述式)です。