衛生管理者

衛生管理者の資格とは?

衛生管理者は職場の安全を守り、労働災害などを防ぐために、労働条件や職場の衛生環境の改善、病気の予防などを目的に職場の衛生を管理する人のことをいい、国家資格です。
労働安全衛生法で、従業員が50人以上働いている職場に、1人以上の衛生管理者を配置しなければいけないと定められています。

衛生管理者には衛生工学衛生管理者、第一種衛生管理者、第二種衛生管理者の3種類がありますが、第一種衛生管理者の資格を取得するのが一般的です。
というのも、第二種衛生管理者の場合は金融行や保険業、情報通信業、卸売・小売業などの限られた職場でしか働けないからです。
第一種衛生管理者の場合は、あらゆる業種の職場で働くことができます。
衛生工学衛生管理者はあらゆる業務の職場で働ける上に、さらに法律で定められた有害業務を行う事業場に最低1人を配置しなければいけないと決められているので、衛生管理面でリーダー的な役割を担います。

衛生管理者の資格を得る方法は?

衛生管理者の資格は国家資格ですから、国家試験を受験して合格しなければいけません。
では、国家資格を受けられる条件はどのようなものでしょうか。
その条件は大学、短大または高専卒業者の場合は、1年以上の労働衛生の実務経験があることです。
高校卒業者の場合は、3年以上の労働衛生の実務経験が必要となります。
それ以外の人は学歴に関係なく、10年以上の労働衛生の実務経験があることが受験条件です。

つまり、一定以上の経験がなければ受験できないというわけですね。
なお、保健師、薬剤師などは無試験で衛生管理者になることができます。

試験問題と合格率

試験科目は衛生管理者第一種の試験が5科目、衛生管理者第二種の試験が3科目です。
科目は有害業務に関する関係法令(10問 第一種のみ)、有害業務に関する労働衛生(10問 第一種のみ)、有害業務以外の関係法令(7問 ただし第2種試験は10問)、有害業務以外の関係法令(7問 ただし第2種試験は10問)、労働整理(10問)の計44問で、各科目ごとに40%以上の得点、全体で60%の得点があれば合格となります。
たとえ全体で60%以上の回答率であっても、1科目でも回答率が40%に満たないと合格できません。

ちなみに2015年度の合格率は、第一種試験が55.5%、第2種試験が66.0%でした。
第一種試験は約半数近くが不合格になっています。
苦手な科目を作らずに、すべての科目をきちんと学習することが大切です。

衛生管理者の資格を取得すれば、職場でのキャリアアップにつながります。
また転職にも有利になるので、特に総務や労務でのスキルアップを目指している人が取得すると役立つ資格です。