1. >
  2. >
  3. 外国人の採用について

外国人の採用について

外国人労働者への期待

働き手の人材不足が大きな社会問題となっている現在の日本において、シニア世代や女性の社会進出が活発になる中、外国人労働者を受け入れようという企業も年々増加傾向にあります。
海外ビジネスを視野に入れた日本企業を筆頭に、外国人という新しい労働力確保に向けての受け入れが活発になっているようです。

この動きには、少子高齢化社会や、団塊の世代の退職による労働人口が減少する中で、問題解決への外国人労働者にかける期待が背景にあります。
このように、外国人労働者の採用の盛り上がりを、一過性の流行で終わらせないようにするには、従来の日本式の働き方から新しい考え方へ、日本が変わっていく必要が出てくるでしょう。
その為にも、外国人労働者の特徴や今後の課題について、きちんと理解しておくことが求められます。

また、外国人労働者を採用することで様々な効果が期待できます。
日本人社員に刺激を与え、組織の活性化に繋がったり、海外の相手国とのビジネスとの架け橋となる語学力や情報収集能力も、ビジネスをスムーズに進める為に欠かせない戦力となります。

外国人労働者の特徴

日本には根強く「高学歴のポテンシャル」「終身雇用制度」「年功序列制度」のように、外国人の人材には受け入れがたい、日本従来の評価基準やキャリアの形成フローが残っています。
外国人には「実力主義」に基づく「スキル重視のスペシャリスト」という考え方がある為です。

外国人労働者の特徴とは、まず採用方法から日本とは大きく異なります。
海外では、大学時代に専攻・研究したものがそのまま企業で活かせるような「経験やスキル」が重要視される傾向にあり、就職してすぐ専門部署で働き、スペシャリストとして成長するキャリアが一般的です。
日本ではいろいろな部署を経験して、愛社精神を持ったゼネラリストに育てるというような特徴は、海外ではほとんどないと言ってよいでしょう。

よって、専攻やスキルのある人材は、自身が最も力を発揮しやすい部署への配属を希望し、その成果に対する報酬や雇用条件を明確に希望する傾向にありますので、企業風土やキャリアの考え方を認識しておく必要があります。

外国人労働者を雇う際の課題

外国人の採用が、これからの日本に必要不可欠であることは明白ですが、実際に活用するとなると、決して簡単なことではありません。
社内での外国人労働者採用の意義や活用方法の共通理解、就労ビザ等の特殊手続きの受け入れ体制の整備はもちろんですが、入社後に起こる、文化の違いによるトラブルや、せっかく受け入れた人材が早期に退職して母国へ帰国してしまう等のケースが後を立ちません。

採用した外国人労働者の能力を最大限発揮できるような日本の企業側の雇用体制作りと、労使間のトラブルを回避して長期間働けるように、外国人労働力と労使関係のケアをする努力が重要です。