1. >
  2. >
  3. 働き方改革について

働き方改革について

働き方改革とはどんな改革なのか

「働き方改革」とは、安倍内閣の政策の1つであり、目玉でもあります。
「非正規雇用の処遇改善」や「長時間労働の是正」について、早期の法令改正や規制の実施が検討されていますが、どちらも今日明日で解決できる問題ではありません。
まずは、どのような対応が求められるか理解することが大切となります。

「非正規雇用の処遇改善」とは、賃金だけではなく、処遇全般を同一にすることを目標としています。
基本給、昇給、ボーナス、各種手当のような賃金に加えて、教育訓練や福利厚生等についても正規雇用と同等の扱いになることを指しています。
企業が非正規雇用を行う理由も様々で、人手不足の昨今、非正規雇用を活用し、柔軟な働き方を好む人材からも逸材の確保が可能になることがあります。

具体的には、時間に融通がきくような環境を望むワーキングママの活用や、時間や環境に縛られない働き方を望む人々を採用する為に契約社員という形態を採用する等が考えられます。
その一方で、人件費削減の為に非正規雇用を行っているケースもあります。
この場合には、働き方改革に向けて取り組む際には注意しなければいけません。
早めに人事制度を改革し、人事評価の見直しが必要となり、徐々に規約等の整備をしていくことが重要となります。

「長時間労働の是正」とは、労働時間の規制、管理について改善する為のものになりますが、長時間労働を抑制する為の労働基準法改正案は既に国会に提出されていても、「残業代0法案」への批判等により依然前に進んでいません。
タクシー会社等の自動車運送事業、トラック運送事業、建設業、医師、IT業等が長時間労働で問題視されている業界です。

「残業時間を減らすことで繁忙期の対応ができない」「大事な取引先からの依頼に対応できない」等、労働時間を減らすと会社の経営に大きな影響を及ぼす可能性があります。
その為には、法改正が行われる前までに、生産性を上げて社員を増やすことが要求されます。

働き方改革のアプローチ方法

どれだけ制度が変わっても、企業の姿勢や社員個人の意識が変わらなければ何も改善されません。
運用されない制度には意味がないからです。
「残業時間を減らす」対策の為には、社員の意識改革と、会社の制度改革の両方同時に進める必要性があります。
社員の意識改革には、上司から部下への教育、呼びかけ、及び、制度改革の為には取締役会や経営会議で討論し、その内容を全社員に通達するという方法が考えられます。

「残業を減らすべきだ」という認識を当たり前にすることが大切です。
他には、「テレワークを活用して生産性を向上させる」というアプローチの提案です。
テレワークとは、特定の勤務地や勤務時間にとらわれないフレキシブルな働き方を意味しています。
働き方改革は、働き手にとってはよりよい環境に改善されることが期待できますが、企業にとっては大きな負担となる危険性があります。

しかしながら、きちんと準備期間をとり、労働環境を整えることは、結果的には離職者を減らし、有能な人材確保への可能性を広げることにつながります。