1. >
  2. >
  3. シニア人材の魅力について

シニア人材の魅力について

シニア人材の活用

日本は少子高齢化社会となり、人材不足が大きな社会問題となり、連日様々な対策がニュースで報じられ、話題となっています。
企業では、若い人材を確保できない、人手が足りない等、人材確保の難しさに頭を抱える経営陣も少なくありません。
働く従業員が少なくなると、仕事量にも影響してしまいます。

そうなると1人にかかる負担が大きくなり、仕事のクオリティが落ち、離職する従業員が出る恐れもあり、また、顧客の満足度が悪くなると経営悪化にも繋がります。
かといって、高額な報酬を支払って人材を確保することは難しい、その問題の解決の鍵を握るのが「シニア人材」です。
シニア人材を上手に活用すれば、人材確保にも繋がり、社会的にも大きな利益がもたらされるとして高い注目を浴びています。

シニア人材の魅力について

シニア人材を活用することは、多くのメリットがもたらされます。
その魅力とは、企業と働き手のメリットに加えて、社会的にも大きなメリットがあるという点です。
企業側のメリットとは、企業OBを雇用することで、大幅にコスト削減をすることができる上に、1から教育する必要がない為、教育にかかるコストがゼロとなります。

また、正社員では対応が難しい休日や早朝のような時間帯でも対応できる可能性が多く、社会的な経験値が高いシニア人材に若手社員の育成も依頼することができます。
対するシニア人材のメリットとは、定年後も年金以外の収入が確保できますので老後の生活費が安定しますし、何より第二の人生の生きがいとなり、生活にはりがもたらされます。
多くの人と関わり、脳も活性化されて認知症になりにくいとも言われています。

社会的メリットの場合は、シニア人材が働くことで、社会保障費が抑えられることと、シニア世代が活性化し、元気が溢れること、結果として認知症になる人が減ることも考えられます。

シニア人材における課題

シニア人材には多くのメリットがありますので、これからますます活躍の場が増えると考えられますが、一方でシニア人材を活用する上での課題も多く残されています。
シニア世代の活用について、雇用する側と雇用される側が、お互いをより深く理解する必要があります。

シニア人材を採用したことがないという企業では、上手に人材を活用できないという問題がある為です。
1から仕事を覚える難しさや、体力の衰えにより若い人材とは同じように働くことはできないということを理解した上での人材活用が求められます。
シニア人材のマネジメントが大きな課題です。
もう1つは、シニア人材側も戸惑いがあるということです。

役割も待遇も大きく変化してしまう為、定年前の役職や立場から離れられず、周囲と馴染めずに社内で浮いてしまうケースも多くあります。
職場が変わっても、上から目線だったり、上司にもずかずかと意見してしまう、口だけで働かない等、定年前の感覚を引きずり、環境に対応できていないという問題もまた、大きな課題と言えるでしょう。