1. >
  2. >
  3. コスト削減の方法

コスト削減の方法

電機

「企業は利益を追及する」という観点から、生産性の向上や業務効率化を考え、最終的な売上を上昇させます。一方で、売上までに使用した経費を見直すことも大切です。
売上を上げることと経費削減することは、どちらも利益追求に繋りますので、今回はコスト削減の方法を紹介してます。

資源は大切に

利益は、売上から使用した費用から算出されます。
コスト削減の方法には、社内で良く使用される機材の無駄を減らすことが挙げられます。例えば、コピー機の使用回数や紙の使用量を意識することです。

基本的にコピー機は、企業になくてはならないOA機器(Office Automatic)であり、使用される頻度が非常に高い機器です。頻繁に使用される分、気持ち的な手軽さから、本来なら必要なくても無駄にコピー機を使用してしまっている方は多いのではないでしょうか。

しかし、企業利益の目線において、とても勿体ありません。コピー機の使用は経費で賄われているため、消費量が多ければ比例して供給するための経費も重なります。例え売上をアップさせてもそれだけ経費を使ってしまえばプラスマイナスゼロ。

コピー機だけに限らず、使用料の多い企業の資源を社員1人1人が、無駄に使うことがないよう意識して業務に取り組むだけでも、十分コスト削減に繋ります。

まとめて自動化を図る

経理業務に企業の請求書から納品書、仕訳などといった一連の記録業務を1つのシステムにまとめて自動化、処理できれば大幅に経費削減に繋ります。

書類ごとにシステム運用してしまえば、入力ミスによる重複作業やさらに、正確な数字かどうかのチェックに至るまで、人件費だけでなく時間も要してしまいます。

自動化処理による作業の一元化ができれば、効率的で生産性に効果が期待でるので、まとめて作業が行なえる点ないか一度見直すと良いでしょう。

定期的に社内全体のコストを見直す

現在使用している資源自体に無駄がないか定期的にチェックしましょう。例えば、コンピュータの費用に無駄はないか、契約サーバーの金額は適切かなどが挙げられます。

IT関連企業では、これらに無駄があれば大きく企業売上の阻害要因になるため、常にチェックしておく方が望ましいといえます。

コンピュータをメインに扱わない企業の場合、電気の使用料金や冷暖房の使用料金チェックなどがあります。特に、古い電機や暖房機では電気消費量も多いため、経費に無駄が出てしまう可能性も考えられます。

無駄をなくすことで利益にも繋がり、場合によっては時間や労力の軽減にもなりますので、日頃の業務からコストカットできる点を見直すと良いでしょう。