1. >
  2. >
  3. 経理に役立つ資格

経理に役立つ資格

電卓

経理にオススメの資格

現在すでに経理として働いている方に、今から経理職への就職を目指している方にもオススメの資格があります。

経理と聞いて、すぐにイメージする「簿記」やその他にも「給与計算」の資格など。

今回は、どんな資格があるか紹介します。

スキルアップや就職を有利にするために資格を取りたい方の参考になると幸いです。

まずは定番の簿記について

経理=簿記というイメージが定着しているほど切っても切れない関係の簿記。

簿記は、主催団体によって三種類に分かれます。

  • 日商簿記…日本商工会議所が主催する簿記資格です。一般の社会人や大学生を対象にしていて、他の団体が主催する簿記資格に比べて難易度・客観的な信頼度ともに高いといえます。
  • 全経簿記…全国経理教育協会が主催する簿記資格です。経理・会計の専門学校生が対象となります。
  • 全商簿記…全国商業高等学校協会が主催する簿記資格です。商業高校などの高校生を対象としています。3つの簿記の中で、一番難易度の低いものになります。

経理では、通帳や伝票などの数値を会計ソフトに入力する業務が日常的にあります。

貸方や借方、勘定科目(費目(支払ったお金の内容))というように簿記の学習で得た知識が必要不可欠のため、簿記の知識が欠かせません。資格は持ってないけど、実務を通してスキルを身に付けたという方もいるでしょうが、求職活動の時にそのスキルに客観性を持たせるためにも資格を取得しておいた方が良いでしょう。

日商簿記と全経簿記は、最上位の級に合格すると、スキルの証明になる以外に特典があります。

それは、「税理士試験の受験資格が得られる」というものです。

通常は、税理士試験を受けるために一定の期間税務の仕事に従事、または大学などの教育機関で一定の単位を取得しなければなりません。簿記の最上位の級に合格することで、相応の学識を持つ者であるとされ、受験資格が得られます。日商簿記だと一級の合格、全経簿記の場合は、上級の合格が必要になります。

ちなみに、簿記資格を有しているからといって実務ですぐに活躍することはできません。理由は、学問と実務の差です。テキストでは、この伝票が出てきたらこの会計処理というように流れが示されていますが、実務では、担当者が処理しやすい形で資料が出てくるとはかぎらず、多少の慣れが必要になります。

給与計算実務能力検定

簿記に続いて取得していると好ましいのが、給与計算実務能力検定です。

大企業だと、会計に関する仕事は経理部門で、給与計算に関する業務は人事や総務でときちんと区分分けをされていますが、中小企業だとそうはいかないことも。経理が給与計算を担当することもしばしばで、この資格を有していると、給与計算ができるスキルがあるという証明になります。

業務に直接関わる簿記や給与計算に関する資格以外にも、エクセルに関する資格や秘書検定などを取得しておくと、よりスキルが高い人材として評価されるでしょう。

経理にオススメの資格についてお伝えしましたがいかがでしたか?

デキる人材を目指して勉強してみましょう。