1. >
  2. >
  3. 貸し会議室の活用

貸し会議室の活用

貸し会議室を活用

会議室がないオフィスについて

社内に会議室を設けず、貸し会議室を利用する会社が増えています。
会議室のスペースは打ち合わせや商談といった用途であれば使えるものの、使用状況や維持費を考えると必ずしも社内にある必要がないと考えるからです。
数人程度の打ち合わせであれば、自分たちのデスクを使えばいいわけですし、そもそも頻繁に開催する必要がない会議もあります。
費用削減や働き方改革がうたわれる現代、無駄をなくし業績を上げないと評価されなくなりました。
連絡事項周知のための会議が減り、ネット上で周知する会社も増えました。
しかし、全ての会議が無駄だとはいえません。顔をあわせて議論する会議も必要です。
そのような場合、貸し会議室を利用すればいいのです。
貸し会議室を必要な時だけ利用すれば、会社内の無駄なスペースを削減できるので、維持費の削減になります。

貸し会議室のメリット

貸し会議室は会議に必要な設備は整備されていて、メンテナンスされています。必要な時だけ利用できるのでコスト削減になるでしょう。
人数に応じて広さを選べて、レイアウトを変更できるのもメリットです。
社外で会議を行うことで、いつもと違う緊張感を持って会議に参加することで発言が増える可能性も。
社内の無駄なスペースの削減だけではなく、会議を活発にするために貸し会議室を利用する会社が増えています。
また、社外から人を招いて会議をする場合、アクセスのよくない場所に会社があると、会議に参加するのが負担となります。
このような場合にもアクセスしやすい場所にある貸し会議室を利用するのが一番です。
貸し会議室はセキュリティにも配慮しているので、情報を漏えいする心配がありません。
ケータリングや食事の手配などのサービスを提供する貸し会議室も数多く存在するので、参加者のモチベーションにもつながります。

貸し会議室の利用方法

貸し会議室は会議にしか使えないと思う人もいますが、研修や説明会、面接など各種イベント開催にも利用できる場所です。
イベント用の設備も用意されているので、希望にあわせた開催ができます。
事前に相談しておけば、専門の設備も搬入できるので、会社内の会議室や空きスペースよりも貸し会議室が適しています。
立派な設備を持っている会社でも、専門会場以上の設備を用意するのは大変ですし、あまり使わない設備の維持費も無視できません。
必要な時だけ貸し会議室を借りれば節約につながります。