1. >
  2. >
  3. 転職をするときに気をつけたい履歴書の書き方

転職をするときに気をつけたい履歴書の書き方

管理部門にこれから転職をしたいと考える場合、その企業にとって必要な人材であることを適切にアピールする必要があります。
よくある失敗例としては、それまでの経験やキャリアなどをできるだけたくさん並べた方が有利と考え、提出書類を隙間なくぎっしりと埋め尽くしてしまうような場合があります。
確かに、それまでの経験や所有資格が採用人事において重要視されることには間違いがありませんが、だからといって単純に羅列をしただけでは採用にいたるためのアピールをすることはできません。
同じ管理部門からのステップアップの場合でも、全く違う職種からの変更でもその点には変わりありません。
まずはどのような書類なら人事担当者の目を引くことができるかどうか、基本的な知識を知っておくようにしましょう。

どのような職種であっても、まず最初に踏まえておいてもらいたいのが「読みやすい書類を作る」ということです。
読みやすい書類になっているかどうかは下手をしたら内容以上に大切な要素ともなるので、その点はまず先にきちんとチェックするようにしておきましょう。
読みやすい書類とは、

・適度に余白があり、しっかりとしたレイアウトになっている
・長文をできるだけなくし、わかりやすい箇条書きなどになっている
・専門用語や読みにくい漢字が少なく、誰が見ても読みやすい表現になっている

という点をクリアしているものです。
書類は自分だけの目でチェックするのではなく、できれば他の人からも読んでもらって素直な印象を聞くようにしてください。

読みやすさをクリアできたら次は書類の内容です。
資格やスキルをアピールするときには、これから就職を希望する職種や業態に関係がありそうなものを優先的に記入し、その他のものは補助的に書いていくようにしましょう。
それまで管理部門にいた人の場合は、営業などと違って過去の実績をアピールしにくいという場合もあります。ですが成果実績というよりもそれまでどのような業務をどのくらいの期間担当してきたかを客観的に記載することで、成果実績以上のアピールをすることも可能です。

転職を希望するときには、自分の適性や希望をきちんと分析して論理的に記載しておくことも大切です。
自己分析や性格傾向については面接でもほぼ必ず聞かれることなので、文章にするだけでなく自分の言葉でもきちんと説明できるレベルにまできちんとまとめておくことが大切です。
疑問点や不安な点は、人材紹介サービスなどのスタッフさんなどに聞いてみるのもよいでしょう。